PRINT

印刷体制なども確認する

フライヤー印刷を依頼する際には、サポート体制の確認も大切です。デジタルデータを入稿する際には、様々なトラブルが発生することも想定する必要があります。こうした時にサポートセンターにすぐにつながると、とても便利です。

インク

実績を重視しよう

フライヤー印刷の業者を選ぶには実績が一番です。実績を重視して比較してみましょう。これまで手がけた見本があれば、そちらを参考にするといいかもしれません。それから費用の安さも重視しましょう。費用は交渉することも可能です。

色見本

フライヤーの印刷手段

フライヤーを作るときにはフライヤー印刷業者を利用したほうが質の高い仕上がりになります。デザインを用意すればインターネットから簡単に注文することが出来ます。自分で印刷を行うよりもハイクオリティーなものを仕上げることが出来るでしょう。

印刷機

どうやって依頼するか

フライヤー印刷を依頼することは簡単です。フライヤー印刷を依頼する際にはポイントが多いですが、特に見積もりをしっかり出してもらうようにすると良いでしょう。他にも、打ち合わせに時間をかけることも大事です。

色見本

印刷入稿の基礎知識

フライヤー印刷を求められる場合は、入稿の際に必要なる基礎知識を身に着けておかなければなりません。デジタルカメラなどで撮影した低解像度の写真は、印刷に不向きの場合もあります。保存形式は、eps形式が基本であり、保存形式に注意も必要です。

用紙の選択を上手く行う

インクカートリッジ

デザインも考慮する

フライヤー印刷を印刷会社に依頼する時は、用紙の特徴を抑える必要があります。フライヤー印刷ではコート紙がよく活用されていて、コート紙はツヤがありファッション誌などでよく使用されます。角度によって光を反射するコート紙はツヤツヤ感が特徴です。発色が良いコート紙は写真が多いフライヤー印刷を作成したい時に使用されます。発色の良さによって商品のイメージを良くすることも可能です。マットコート紙はコート紙と同じように表面が加工されています。マットコート紙はコート紙よりも発色は良くないですが、落ち着いた雰囲気を与えることができます。こうした特徴を活かして高級感を出したい時にマットコート紙を選ぶ場合が多いです。用紙の選択をする際には、商品のイメージをよく考える必要があります。上質紙はザラザラとした質感が特徴で、文字だけのフライヤー印刷に向いています。文字を記入してもらう必要がある場合は、上質紙を選ぶと良いです。用紙の選択をする際には、フライヤーを読む人のことを考える必要があります。フライヤー印刷を依頼する際には、デザインがフライヤーに与える力を意識するのが重要です。目を引くデザインのフライヤーは広告効果が高くて、コストパフォーマンスに優れています。ターゲットを意識してより効果的なデザインを考えると効果的です。広告効果の高いフライヤー印刷の人気はとても高いです。フライヤー印刷は激安で依頼できるのも、人気の理由です。