印刷体制なども確認する

PRINT

支払い法の利便性も考える

フライヤー印刷を業務目的で依頼する時は、支払い法を知る必要もあります。銀行払いやクレジットカード払いの他に、売掛サービスなどもあると便利です。支払い法の選択肢が多いと、より安心して依頼できます。何度も大量の印刷を依頼する場合は、売掛サービスなどがより便利になります。フライヤー印刷は大量に依頼することが多いので、コストをいかに抑えるかが大切です。輪転機を活用してフライヤー印刷をすると、よりコストを抑えられて便利です。輪転機を使用して印刷すると、印刷と断裁から梱包までの流れがスムーズになります。自社工場で輪転機による印刷をしている会社は、納期までが短くて急ぎの時に活用すると効果的です。どの印刷会社を選ぶかは、依頼する側の事情によって異なります。オンデマンド印刷を選ぶ時は、サポート体制をより重視することもあります。オンデマンド印刷で依頼すると、様々なデータを自分に入稿する必要があります。その際にファイルの違いなどが原因で、デジタルデータを入稿する際にトラブルが生じる場合もあります。サポート体制が良くて連絡するとすぐにサポートセンターにつながると、こうしたトラブルを短時間で脱出できて便利です。フライヤー印刷の出来は用紙によっても異なり、コート紙はコート剤が塗布されているので、滑らかでツアーがあります。このため写真などの色の表現に向いています。写真が多くと多くの色を使用する場合は、コート紙に印刷する場合が多いです。