印刷入稿の基礎知識

色見本

印刷業界の世界とは

フライヤー印刷やチラシ印刷などは、専門の印刷業者に依頼をする場合、予め印刷技術の基礎知識を身につけておかなければなりません。インターネット上で表示されている画面や紙の媒体である印刷は、小さな点の集まりによって表示されています。デジタル技術における画面の表示は、72dpiと呼ばれるドットの集まりで表示されているのです。全てとは言い切れませんが、紙による印刷は、新聞を除き300dpiのドット以上の情報を必要とします。これは解像度とも呼ばれ、画像を扱う場合は、高解像度の画像を必要とするのです。つまり、デジタルカメラやスマホなどで直接撮影した軽い画像は、フライヤー印刷などの印刷に合わない可能性もあります。印刷会社によっては、門前払いされてしまうかもしれません。特に、個人でも印刷を求める傾向の高いフライヤー印刷は、素人が入稿される場合もあり、予備知識として必ず身につけておかなければならない内容です。印刷会社にもよりますが、基本的には印刷に特化したeps形式でデータを納めなければなりません。一般的に利用されている現在のオフィス系のソフトは、eps形式に弱く、eps形式に強みを持つイラストレーターなどのソフトでデータを用意する必要性があります。モニターで扱われている色と、印刷で利用する色には、違いがあります。扱う紙の種類によっても、色の表現に違いがあります。フライヤー印刷の目的の多くは、商業目的の場合もあり、フライヤー印刷に特化した紙を選ぶのも良いでしょう。現在は、印刷業者の多くがサイトを立ち上げています。入稿する際の大切な情報を紹介されている場合もあり、必ずチェックするのもポイントです。